バッテリーの充電器といえば、携帯電話(ドコモやau・ソフトバンク)の急速充電器やipodのものが需要が高いです。他にはDSやPSP、iphoneなどの携帯用充電器が便利でおすすめです。家庭だけでなく、職場や学校、カバンの中などに小型の予備の携帯急速充電器があれば、電池切れと困ったときやイザという時にとっても便利ですね。

携帯に最適なUSB充電ケーブルを発見!

充電器やバッテリーといえば、何を思い浮かべますか?
私は携帯電話の充電器がパッと頭に浮かびます。
他には、ipodやds、mms、psp、デジカメ、ひげ剃りのシェーバー、
ラジコンなどの充電器やバッテリーがあるかと思います。
中でも私達の暮らしの中で一番身近にあるのが、携帯電話の
充電器でしょうか。
普段は、よく携帯を使用しているときであれば毎日、
あまり使わない日でも3日に一度は、携帯電話を充電して
いるかと思います。
特に古くなった携帯ですと、あまり使用していなくても
バッテリーの寿命が短くなり、毎日の充電が必要になります。

そこでこないだ良い充電器を見つけてしまいました(^^)
これは、株式会社FSCという会社から発売されている、
「携帯電話 充電ケーブル」というものです。
au用やDOCOMO(ドコモ)のFOMA用、ソフトバンク用、ボーダフォン用と
各携帯キャリア用に揃っています。
ただのケーブルなんですが、なんとパソコンのUSBポートから
携帯電話に繋げて充電が出来るという優れものなんです(^^)/
しかもお値段は99円!!! 
そう99ショップに普通に販売されていました。
なのでダイソーやキャンドゥなどの、その他の100円ショップでも販売されているかと思います。

携帯の充電器って普通、家に一台あるくらいだと思います。
そこそこの値段はするし、わざわざカバンや仕事先用に一台買うのも
ちょっと・・・という人にピッタリですね。
仕事先にこのケーブルを1つ常備しておけば、携帯電話の電池が切れそう
になったら、パソコンにUSBケーブルを繋げて充電するだけでOKです。
しかもコレが99円なんて便利な世の中になったものですね(^^)

デジカメに最適 SANYO『エネループ』とは?

充電器やバッテリーは、fomaやauなどの携帯電話やipod,
ds,psp,mms,Wii,デジカメ、ラジコンなど身の回りの様々な
電気製品に使われています。
充電器がないと携帯電話の使用も出来なくなり不便ですよね。
ところで充電器には色々な種類のものがあるのをご存知ですか?
ソーラーやニッケル水素、ハイペリオンなど様々なものが
あります。
今日は、エネループの充電器について調べてみました。

・エネループとは?
三洋電機が開発し、2005年11月14日に発売されたニッケル・水素蓄電池。
また、同商品のコンセプトをベースに2006年以降展開されている
「eneloop universe(エネループ ユニバース)」シリーズの商品群に
つけられたブランド。
従来のニッケル・水素蓄電池は、自然放電が多く、充電した状態で販売する事や、
充電しておいて非常時の電源として用いることは現実的ではなかった。
そのため、一次電池と比較して緊急時用途や、買い置きには不向きであった。
また、メモリー効果現象があり、使用や充電に際しては注意が必要で、
乾電池の様に気軽に使うことは難しかった。

eneloopはこれを改良し、自然放電を極力抑え、約1年放置しても約85%の残存率を持ち、メモリー効果を抑えているのが最大の特徴である。
充電された状態で流通し、店頭に並べられ、二次電池でありながらも
「買ってすぐ使え、継ぎ足し充電が可能」な乾電池として、アルカリマンガン乾電池など一次電池にかわる21世紀の新電池として発表された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エネループってSANYOの開発したニッケル水素蓄電池だったんですね。
そういえばウチのデジカメにも、コレ使ってました(^^)
使い捨てない電池なので環境にもやさしいのが嬉しいですね。
なんでも1000回も繰り返し利用できるらしくて、デジタルカメラユーザの需要が非常に高いようです。
任天堂WiiのWiiリモコンの電池としても人気らしいですよ。
最近のエネループはコンセントに接続のタイプだけでなく、
パソコンなどのUSB接続の充電器も発売されたようです。

携帯電話用のソーラー充電器

充電器って便利です。
携帯電話はもはや日常生活の必需品ですよね。
私の周りでは結構auの携帯を持つ人間が多いですが、私はドコモのfomaを使用しています。
携帯電話の電池が切れたときには充電器などのバッテリーがあればいいのですが、
大体家に置きっぱなしということが多いです。
そこでおすすめなのがソーラー充電器。

携帯電話専用のソーラー充電器というのが人気です。
これは太陽光で充電するという優れモノのバッテリーなんですよ(^^)
乾電池などは不要だから何度でも繰り返し使えて、環境にも
優しいのが特徴です。今流行りのエコライフってやつですね。
特徴は、携帯電話の予備電源ということ。自然エネルギーを利用する
環境に優しい便利グッズ。旅行やアウトドア、緊急災害時などに
活用できます。もちろん普段から使用してもいいですね。
使い方は簡単です。ソーラーパネルに約3時間太陽光を当てることで蓄電できます。
乾電池不要で繰り返し使えるのが嬉しいですね。

電池切れは怖くない!何度でも繰り返し使える!!旅行やアウトドア、災害時用に!【太陽で充電!...


携帯電話の充電に必要な電気量を蓄電するためには、快晴時の直射日光の下で3時間以上ソーラー充電する必要があります
。条件によっては蓄電にもっと長い時間がかかる場合があります。また、紫外線カット(UVカット)のガラスなどの元では充電できない場合があるので注意です。

その他の注意点としましては、fomaとauでそれぞれ専用のケーブルが必要だと
いうことです。
au用のケーブルは割と在庫がありますが、foma用のは常に品薄で売り切れが多いのが
難点ですね。やっぱりドコモのfomaユーザーは多いんですね。
あと、不適合機種として、ボーダフォンのV801シリーズ、PHSでは
ご使用になれないそうです。

ニッケル水素充電器とは?

ニッケル水素の充電器ってご存知ですか?
fomaやauなどの充電器には使われていませんが、
デジカメやラジコンなどのバッテリーとしてよく利用されて
いるので、知っている人も多いかもしれません。
これは電池がきれても充電することで何度でも使用できる
ので、とっても便利です。
しかも結構長い時間持つのが魅力ですね。
古いタイプのデジカメのバッテリーだと電池が切れるのが
早かったのですが、このニッケル水素の充電池はデジカメで
写真をいっぱい撮影しても一日は余裕で持つので大変重宝
しています。

・ニッケル水素充電器とは?
ニッケル・水素蓄電池は、二次電池の一種で、正極に水酸化ニッケル、
負極に水素吸蔵合金、電解液に水酸化カリウム水溶液(KOH aq.)を用いたものである。
1990年の実用化以降、それまでの代表的な小型二次電池であった
ニッケル・カドミウム蓄電池(略してニカド電池またはニッカド電池)の2.5倍程度の
電気容量を持つこと、材料にカドミウムを含まず環境への影響が少ないこと、
ニッカド電池に比べるとメモリ効果がはるかに少ないこと、
電圧がニカド電池と同じ1.2Vで互換性があることが追い風となり、代替が進んだ。
だが、より大きな電気容量のリチウムイオン二次電池が登場し、
各種の携帯機器で急速に置換えが進んだ。
このため、ニッケル水素電池の国内出荷数量は2000年をピークに大幅に減少、
国内の主要メーカーは次々に撤退した。
主な国内メーカーは現在、三洋電機(モバイルエナジーカンパニー)、
松下電器産業グループの松下電池工業とパナソニックEVエナジーとなっている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニッケル水素充電器は、デジタルカメラ、ipodなどの携帯音楽プレーヤー、
ハイブリッドカー、一部のノートパソコン、あるいは一次電池の代替として広く
普及しているのが特徴なんです。
ラジコンなんかにも使われていますね。今ではニッカド電池よりも軽い事から
人気となっています。

バッテリーとは?

充電器やバッテリーって便利ですよね。
みなさんも携帯電話のバッテリーや充電器は使用していると思いますが、
携帯の電池が外出先などで無くなると困りますよね。
そんな時には、fomaやau用の急速充電器をカバンにひとつ常備
しておくと役に立ちます。
私達の生活で使用している充電器といえば、携帯電話・ipod・
foma・ds・mms・pspなどさまざまな電気製品があります。
最近では、ソーラーやエネループ、ニッケル水素など色んな
バッテリーがあります。このサイトでは様々な便利なバッテリーを
紹介していきます。

・充電器
二次電池を充電することに特化した機器。
化学電池のうち、使用後に外部から電力を供給する事によって逆反応を起こし、
使用する前の状態に復帰する事が可能なものを二次電池と呼び、
この操作を二次電池の充電と呼ぶ。
二次電池は、その種類に応じて適切な方法で充電する必要がある。
電気機器本体に二次電池が固定的に内蔵されている場合、充電を制御する回路も
また本体に内蔵されている事が一般的であるが、たとえば単三型のニッケル水素蓄電池など、
機器本体と充電池が分離可能で充電回路を内蔵していないような
機器で使う汎用の二次電池に有っては、通常その充電を専門に行う機器を別に用意するのであって、
この機器のことを充電器と呼ぶ。
また業務用の機器やデジタルカメラ・ビデオカメラなど、専用の二次電池
を使うものであっても二次電池自体を着脱可能としたものがあり、
これらについても専用の充電器で充電して用いる事が前提となっている場合が多く、
本体での充電が可能な場合にもより高速な充電やいくつもの電池を平行して
充電する目的のために専用の充電器を用いる場合が多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

携帯電話などのバッテリーって本当に便利ですよね。
私はドコモのfomaを使用しているのですが、外出先などで携帯の電池が
切れた時の為に、常にカバンには充電器を常備しています。
あと、会社にもバッテリーが一台。これも会社には内緒でよく利用しています。